最新記事

agrizm 取材

月刊えふ4月号から始まった「agrizm」

その中でご紹介している味歩里さんの「手造りみそ」

艶やかでぷっくりとした大量の大豆を大きな鍋で煮込むのですが、それだけでも十分美味しそうな香りが漂っていました。

柔らかくなった大豆は潰され麹などを加え、女性従業員の方々が力一杯揉み作業をされていました。

 

豆から栽培し育てる→加工→出荷と全て自社でされ、出来上がった商品は、コーナン(福知山駅前店)などで購入することができます。

詳しい内容は、3月25日発行の4月号に掲載していますので、ぜひご覧ください。

いちご狩り

あま〜い季節がやって来ましたね!
スーパーに並んでいるのも美味しいけれど、家族で楽しめる「いちご狩り」の取材に行って来ました。
ご協力いただいたのは戸田にある福山ファームさん。
ハウスの中には真っ赤で大粒のイチゴがたくさん。地植えなのでイチゴが採りやすく、2歳の娘でも自分で選んで採ることができました。


直売所では、数種類のイチゴの他に全国のフルーツも販売されています。

そして、4月号から新しく始まる「agrizm」では、福山ファームさんをはじめ、福知山で美味しい食材を育て、加工や販売までされている農家さんを特集しています。
ここでしか出せない味!地元で作られる美味しくてカラダにも優しい商品をこれからもどんどん紹介していきます!

4月号の発行は3月25日です!お楽しみに!

表紙撮影

月刊えふ3月号の表紙撮影のため、ゆらのガーデンへ行ってきました。

衣装は「レンタル貸衣装SAKURA本庄写真館」さんにご協力していただきました。

モデルはチコちゃん!

着物の衣装に着替えて、お城をバックに元気いっぱい撮影開始📸

帰りに福知山市役所に寄って、今人気のフォトスポットでも撮影してきましたよ♪

月刊えふ3月号は2月25日発行です!お楽しみに!!

光秀をたずねて取材

光秀をたずねて22回目は玉雲寺を掲載しています。

須知城跡の近くにあり、光秀公とは深く関わりのあるお寺です。

天正七年・明智光秀公の市森城攻撃によって建物や宝物が焼失してしまうのですが、その後、本堂や庫裏を再興しているのです。

本堂には光秀公の位牌が置かれていました。

この詳しい内容は1+2月号に掲載中です!

 

御寶探訪取材⛩

現在発行中の月刊えふ1+2月号に掲載している御寶探訪 第76回目は兵主神社に行ってきました。

広い境内では地元の方々が落ち葉などの掃除や社殿など綺麗に手入れされていました。

また、神社横には女子バレー部の強豪校といわれている氷上高校があり、取材当日も境内には制服姿の高校生が参拝に訪れていました。

 

1月9日・10日は初えびす祭りがあり、熊手や福笹など購入すると福引券がもらえるそうですよ!

初滑り⛸

あけましておめでとうございます🎍

今年もKITAIRO 月刊えふをよろしくお願いいたします

 

お正月休みに子どもを連れて豊岡の屋外スケートリンクがある円山川公苑に行ってきました。

室内のスケートリンクは滑ったことがあったのですが、外で滑るのは初めて✧₊⁎

青空の下で、5歳の娘は何度もしりもちをついていましたが終始楽しそうでした☺︎⛸

気がつけばもう日が暮れかけていました🌆

リンクの横は川が流れ、風も気持ちよくて屋外ならではの景色を楽しみながら滑ることができるので大人から子どもまで多くの方が来られていましたよ!

3月8日まで滑ることができますので行かれてみてはいかがでしょうか。

詳しい内容は、月刊えふ1+2月号のピックアップとプレイガイドに掲載していますのでぜひご覧ください。

光秀をたずねて取材

2018年の3月号から始まった『光秀をたずねて』のコーナーも11月号で20回目となりました。

毎回、時系列を考えずに、私が行きたい!と思う場所へ取材に行かせていただいているので、読者の方からすれば、歴史が行ったり来たりで分かりづらいかな?と思うこともあるのですが。。。

多分、今後もこんな形でお届けすると思います(^人^)💦

そして、先日21回目の取材には以前から行きたいと思っていた「須知城跡」へ🏯

登山特集・御寶探訪・光秀をたずねて、と取材で山を登る事が多いので装備は万全で臨むのですが、いつも自分の体力の無さを痛感します。

須知城跡も片道30分ほどなのですが、ぜぇぜぇと息を切らしながら登ってきました( ´Д`;)y~~

でも、登った先には見事な石垣が残っていましたよ・:*+.

この詳しい内容は次号12月号(11月25日発行)で詳しく掲載していますので、ぜひ!

 

ふくザニア

10月19日(土)今年も福知山産業フェア2019のふくザニアに出店しました。

「オリジナルスタンプが作れる」福知堂のはんこ屋さんの職業体験です。

 

まずは、仕事を始める前に行う「朝礼」をしてから、紙に好きな絵を描き、ハンコが出来上がるまでの工程を体験してもらいました。

 

自分の名前や好きなキャラクターを描く子もいれば、年賀状などで家族が使えるようにと作る子もいました。

工程途中にある「マル秘ゾーン」では親御さんは入らず子供だけ。

「この中は企業秘密なので内緒ね!」

と言うと

「わかった!内緒にする!!」と嬉しそうに約束してくれました。

どの子も楽しそうに、そして真剣に取り組む姿が見られました。

 

子供神輿

秋といえば『祭』

先日、主人の地元でお祭りがあり、娘達を連れて参加してきました。

どこの地域も少子化の影響で、神輿を引く人数も減ってきているようですね。

担ぎ手がないので、なかなか続けるとういことが難しくなってきている所もあり、やめてしまう地域もあるそうです。

私たちが住んでいる地区では神輿がないので、娘達は喜んで参加していました。

掛け声と共に神輿を引き、村を練り歩きます。

2歳の娘には結構長い距離だったので、何度か脱走してサボっていましたが、近所の方にお菓子をもらうと復活していました。

昔から続くお祭りを絶えないよにする事は大変ですが、子ども達の笑顔を見ると

ずっと続けて欲しいと願います。