子供神輿

秋といえば『祭』

先日、主人の地元でお祭りがあり、娘達を連れて参加してきました。

どこの地域も少子化の影響で、神輿を引く人数も減ってきているようですね。

担ぎ手がないので、なかなか続けるとういことが難しくなってきている所もあり、やめてしまう地域もあるそうです。

私たちが住んでいる地区では神輿がないので、娘達は喜んで参加していました。

掛け声と共に神輿を引き、村を練り歩きます。

2歳の娘には結構長い距離だったので、何度か脱走してサボっていましたが、近所の方にお菓子をもらうと復活していました。

昔から続くお祭りを絶えないよにする事は大変ですが、子ども達の笑顔を見ると

ずっと続けて欲しいと願います。

御寶探訪取材⛩ 福知山牧の神社

9月号で庵我神社を取材した際に宮司様よりご紹介していただいた福知山の牧にある一宮神社へ取材に行ってきました。

こちらの石造りの大きな鳥居は元禄5年に建立され、現在は福知山市指定の文化財になっています。

また、江戸時代から伝わる練り込み太鼓が京都府の無形民俗文化財に指定され、祭礼行事の練り込み太鼓と祭囃子は福知山の無形民俗文化財に指定されています。

10月13日(日)に行われる祭礼行事での神輿の担ぎ手を募集されていますので、見るだけでなく参加してみてはいかがでしょうか。この詳しい内容は、9月25日発行の月刊えふ10月号をぜひご覧ください!