最新記事

御寶探訪取材 御霊神社へ行ってきました!

今回、取材させていただいた御霊神社は、境内の横が公園になっているので、子どもの頃よく親に連れてきてもらっていた場所で、今では自分の子どもを遊びに連れてきたり、お参りにも来ている神社で、昔から「御霊さん」と呼んでいます。

この日は、宮司さんに昔の写真もたくさん見せていただきました。

その中には、水害にあった当時の写真や御霊公園でサーカスや相撲などが催されていた時の写真など、どれも私が生まれる前の風景で貴重な写真ばかりでした。

御霊神社には、全国でも珍しい堤防が御神体となっている堤防神社があり、福知山が昔から何度も水害に悩まされてきたというのがよくわかります。

その他にも、御霊神社が元は違う場所にあったことなど、宮司さんにいろいろお話をしていただきました。

この内容は、月刊えふ11月号の御寶探訪にて掲載させていただきます!お楽しみに!

 

 

 

御寶探訪取材 金刀比羅神社へ行ってきました!

先日、御寶探訪の取材で京丹後市の金刀比羅神社へ行ってきました⛩

こちらは、月刊えふのフリマ・手作り市枠に毎月掲載させていただいている神社で、境内で第3日曜日に「こんぴら手づくり市」が開催されています。

一番最初にお出迎えをしてくれたのが、こちらの亀さん達🐢🐢🐢!!

すごい数ですね🙄❗

後で宮司さんに聞いたところ200匹以上はいるとのことでした。

人の気配を感じると寄ってきてくれます。懐っこいですね🐢🐢🐢

社務所には50円でエサも買えますので、子ども達にも人気のようです。

 

金刀比羅神社は昔から「こんぴらさん」と呼ばれ親しまれています。

ここには全国でも唯一の「狛猫」が鎮座しています(⌯͒• ɪ •⌯͒)

そして、境内には可愛らしい猫の絵が描かれた石もいろんな所に置かれていました。

2017年7月【金刀比羅神社】京丹後市峰山町泉1165−2

京丹後はちりめんの町としても有名ですので、マユや蚕を食い荒らすネズミの天敵である猫が大切にされているのは納得ですね。

6.000坪もある広い境内には、その他にもいろんな表情をした狛犬もたくさんありました。

秋には数百本の紅葉樹が色鮮やかに境内を彩ります🍁

ぜひ、訪れゆっくり参拝されてみてはいかがでしょうか。

この日、取材しました内容は月刊えふ12月号の御寶探訪にて掲載させていただきますのでお楽しみに!!

 

綾部市和木町まで ぶら〜り🚗

綾部市の和木町までドライブしてきました。

細い道の先には集落があり、のどかな風景が広がっていました🌿🌿🌿

小さな集落なのに農作業されてる方やブランコで遊ぶ子供達がいっぱいいるなぁ〜♪

 

、、、ん?人⁈じゃない😆

なんと!みなさん案山子でした👒

これは全部手作りなのでしょうか、、、すごいですね!!

 

そこから数分の場所にあるケーキ屋さん「purne」さんに寄ってちょっと休憩🍰

 

可愛らしい外観で、中はジブリの世界に入ったような空間🌱🌰🍃

ハートの形をした苺のムースとショコラのロールケーキを買って、横のテーブルでいただきました😋

 

どちらもとっても美味しかったですよ!

田舎の風景が広がる中をのんびりとドライブも、また新しい発見があっていいものですね♪

また来よう〜っと♪

 

屋上で BBQ~

  • 土曜日、会社の屋上でBBQをしました🍖

最近、天候も不安定な日が続いてますが、この日は蒸し暑いくらいでした💦

お肉や海鮮、野菜の他にもHARUさんとNATSUさんがパエリアを作ってくれました🥘♪

BBQでパエリアが食べられるなんて珍しいですよね✨

魚介の出汁が染込んだご飯は最高に美味しかったです😋❗

ぜひ、試してみてくださいね!

子ども達が遊んでいたパーティーなどで楽しめる玩具⛑ヘルメットの中に氷水が入っていて、じゃんけんで負けたら棒が抜かれ、冷たい水がジャーッ🌀と…子ども達はびしょ濡れで遊んでました。大人も楽しんでます😆

おもいっきり笑って、しゃべって、お腹いっぱい食べて…心と体の充電満タン❗

暑い日が続きますが、みなさんも体調崩さないように気をつけてくださいね!

月刊えふでは、各地域のイベント情報を掲載していますので、ぜひお出かけの参考にしてみてください!(毎月25日発行)

御寶探訪取材 浦嶋神社へ行ってきました!

こんにちは、akiです。

先日、浦嶋伝説が残る浦嶋神社へ取材に行ってきました。

皆さんご存知の、あの浦嶋太郎の昔話です。
「昔~昔~浦嶋は~助けた亀に連れられて~…♪」という歌にもある、この昔話、実は少し違っていたのです。
神社の隣には、資料室があり、その中には昔話に出てくる玉手箱などが保管されており、宮司さんから解説もしていただけます。
実際のお話とどうちがうのか?など、時代背景や歴史と共に分かりやすくお話していただけますよ。

そして、気になる玉手箱の中身は・・・

残念ながらお見せできません!!

(中身は言えませんが、、、空ではなく、ちゃんと入ってました)

資料室に入った人しか見られませんので
気になる方はぜひ!!

また、この取材させて頂いた内容は、月刊えふの御寶探訪で随時掲載していきますので楽しみに!

御寶探訪取材 出石神社へ

御寶探訪取材、今回は出石神社へ行って来ました!

 

地元の方からは「一宮さん」と呼ばれ親しまれている神社です。

ここ数年、御朱印ブームの影響もあり若い方の参拝も増えているそうで、取材中も御朱印を求めて来られた方に出会いました。

お話を伺うと靖国神社からスタートされ、すっかりはまってしまったのだとか📓✨

 

その場所によって雰囲気も違い、行く度に心が癒される「神社」には何とも言えない不思議なパワーがありますね⛩

詳しい内容は、月刊えふのコラム:御寶探訪にて掲載をさせていただきますので、お楽しみに!!

ほたる

  • 月刊えふ6月号の口コミ情報としても掲載している場所、夜久野町板生の河沿い付近へ今年も行ってみました!

昼間とはうって変わって気温もグッと冷え込み寒いくらいで、上着を持ってきて正解でした🤧

数年前の台風で数も減ったと言われていますが、20時半頃になるとたくさんの蛍が光だし、真っ暗な中での淡い光がとても幻想的でした。☆。₀*゚

2017年6月3日【ホタル】福知山市夜久野町板生

ひきつづき 御寶探訪取材 天橋立神社へ

お腹もいっぱいになったところで午後は、天橋立に向いました。

今回、天橋立神社の案内をしていただいたのは文珠荘の幾世さん。

「歩くのは大変と思われる方には、レンタサイクルもありますよ」と教えて下さいました。

歩いていると何台もすれ違いましたので、観光客の方は結構利用されているようです。片道を自転車🚴で、もう片道はフェリーを利用し、自転車も一緒に乗せて観光🚢なんて事もできるそうですよ!船に乗って海から天橋立を見るのも素敵ですね♪

最近は恋愛成就のパワースポットとして天橋立神社・籠神社・奥宮 眞名井神社の三社巡りをされる方も多いと伺いました。

天橋立神社の詳しい内容は月刊えふの紙面にてお伝えしますのでお楽しみに!!

(天橋立神社は7月号御寶探訪にて掲載します)

今回の旅(取材)も地元の方と接することで、初めて知ることがたくさんありました。近いのに意外に知らない事が多いのにもびっくり!

そして、また来たいと思える旅でもありました。

 

 

御寶探訪取材 宮津市籠神社と奥宮 眞名井神社へ

こんにちは、akiです。
先日、宮津市の籠神社と奥宮 眞名井神社、そして天橋立神社へ取材に行ってきました。
籠神社まで案内をしていただいたのが、つるや食堂の森さん。

森さんに禰宜 海部さまと権禰宜 梅本さまをご紹介していただき、由緒や歴史のお話・境内の案内などをしていただきました。


普段入れない場所へも通していただき、貴重な体験となりました。

笑顔の素敵な巫女さんにも撮影のお願いをして・・・詳しくは7月号をお楽しみに♪

(籠神社は8月号の御寶探訪にてご紹介させていただきます)

 

続いては、眞名神社へ・・・


こちらは現在改装工事中で本殿は、すっぽり幕で覆われていて見ることはできませんが、参拝は可能です。
この日も真名井の水を汲みに来られている方に出会いました。

眞名井神社での参拝と取材を終え再び、つるや食堂さんへ

natsuさんは、森さんおすすめメニュー、籠神社に奉納されている古代米の「神丹穂」赤米を使用した「赤米うどん」を

2017年5月19日 【つるや食堂 赤米うどん】 宮津市中野848
haruさんは、海の幸いっぱいの「お宝丼」を

2017年5月19日 【つるや食堂 お宝丼】 宮津市中野848 

最初は、わさび醤油で素材そのままにいただき、一通り食べたら中央の黄身を崩して一緒に食べるそうです。

横で見ていて、贅沢な卵かけご飯を食べているようでした😋
私は、「朝紫」紫米を使用した「紫米そうめん」をいただきました。

2017年5月19日 【つるや食堂 紫米そうめん】 宮津市中野848
見た目は、お蕎麦のようですが、つるっとしていて名前の通り少し紫色。
この日は気温も高く夏日だった事もあり💦冷やりとのど越しの良い紫米そうめんは、すごく美味しかったです!行かれる際はぜひ!

森さんが、子供の頃の遊び場は眞名井神社だったそうで、友達とよく鬼ごっこをしていたそうです。
しかし「鬼ごっこはしてもいいけど、“ かくれんぼ ” はしてはいけない」
と言われ育ったそうです。

本当に隠されてしまう・・・
神隠しのような・・・ことでしょうか?

地元の子供たちの遊び場となっている眞名井神社ですが、ずっと言い伝えられている事を幼いながらにも守っていたそうです。

実際、眞名井神社を訪れてみると凛とした空気が漂い、境内は神秘的な雰囲気がありました。


籠神社を訪れる際は、ぜひ眞名井神社へも足を運んでみて下さいね。

(奥宮 眞名井神社は7月号の御寶探訪にてご紹介させていただきます)

この後、天橋立へ・・・     つづく