最新記事

御寶探訪取材 宮津市籠神社と奥宮 眞名井神社へ

こんにちは、akiです。
先日、宮津市の籠神社と奥宮 眞名井神社、そして天橋立神社へ取材に行ってきました。
籠神社まで案内をしていただいたのが、つるや食堂の森さん。

森さんに禰宜 海部さまと権禰宜 梅本さまをご紹介していただき、由緒や歴史のお話・境内の案内などをしていただきました。


普段入れない場所へも通していただき、貴重な体験となりました。

笑顔の素敵な巫女さんにも撮影のお願いをして・・・詳しくは7月号をお楽しみに♪

(籠神社は8月号の御寶探訪にてご紹介させていただきます)

 

続いては、眞名神社へ・・・


こちらは現在改装工事中で本殿は、すっぽり幕で覆われていて見ることはできませんが、参拝は可能です。
この日も真名井の水を汲みに来られている方に出会いました。

眞名井神社での参拝と取材を終え再び、つるや食堂さんへ

natsuさんは、森さんおすすめメニュー、籠神社に奉納されている古代米の「神丹穂」赤米を使用した「赤米うどん」を

2017年5月19日 【つるや食堂 赤米うどん】 宮津市中野848
haruさんは、海の幸いっぱいの「お宝丼」を

2017年5月19日 【つるや食堂 お宝丼】 宮津市中野848 

最初は、わさび醤油で素材そのままにいただき、一通り食べたら中央の黄身を崩して一緒に食べるそうです。

横で見ていて、贅沢な卵かけご飯を食べているようでした😋
私は、「朝紫」紫米を使用した「紫米そうめん」をいただきました。

2017年5月19日 【つるや食堂 紫米そうめん】 宮津市中野848
見た目は、お蕎麦のようですが、つるっとしていて名前の通り少し紫色。
この日は気温も高く夏日だった事もあり💦冷やりとのど越しの良い紫米そうめんは、すごく美味しかったです!行かれる際はぜひ!

森さんが、子供の頃の遊び場は眞名井神社だったそうで、友達とよく鬼ごっこをしていたそうです。
しかし「鬼ごっこはしてもいいけど、“ かくれんぼ ” はしてはいけない」
と言われ育ったそうです。

本当に隠されてしまう・・・
神隠しのような・・・ことでしょうか?

地元の子供たちの遊び場となっている眞名井神社ですが、ずっと言い伝えられている事を幼いながらにも守っていたそうです。

実際、眞名井神社を訪れてみると凛とした空気が漂い、境内は神秘的な雰囲気がありました。


籠神社を訪れる際は、ぜひ眞名井神社へも足を運んでみて下さいね。

(奥宮 眞名井神社は7月号の御寶探訪にてご紹介させていただきます)

この後、天橋立へ・・・     つづく

ひきつづき旧尾藤家住宅へ / HARU

次に案内していただいたのは、旧尾藤家住宅

入場料は一般…200円 小・中学生…100円

それぞれ団体金額や、施設利用料金もありますので詳しくはホームページまで。

旧尾藤家住宅

Processed with VSCO with g3 preset

内蔵の内部を一部改装して、尾藤家の歴史、ちりめん街道の歴史などを紹介するビデオが上映されています。

Processed with VSCO with g3 preset

洋館・和室・奥座敷・台所・書斎・ちりめん格子・ガラス製の丸い街灯など、独特の雰囲気を醸し出しています。

その他工房にも案内していただき、はたむすびさんへ

Processed with VSCO with g3 preset
Processed with VSCO with g3 preset
Processed with VSCO with g3 preset

なんともいえないこの光沢。

是非生で体感してください。

最後に与謝野観光協会へ。

佐々木さんは自転車で。

Processed with VSCO with g3 preset

観光案内所では、大正15年から昭和60年まで約60年間にわたって丹後与謝を走りつづけた加悦鉄道の資料をはじめ、織物などワークショップも開催されています。

この日は、団体で参加されるとの事で、織り機がずらり〜

Processed with VSCO with g3 preset
Processed with VSCO with g3 preset

与謝野のゆるキャラ、まめっこまいちゃんも見守ります(笑

Processed with VSCO with g3 preset

コースターが作れるそうですよ!

こちらでは体験は予約不要で、突然ふらりと入っても対応していただけます!

これは素晴らしい!

Processed with VSCO with g3 preset

最近では『君の名は。』のおかげで、ミサンガの体験が急上昇で大人気だそうです。

Processed with VSCO with g3 preset

今回の取材旅で載せきれない程の沢山写真を撮ったので

そちらはphotoやInstagramにUPしますね!

デジカメ以外にもフィルムカメラでも撮影したので、現像でき次第UPしていきます。

Processed with VSCO with g3 preset

今回は長時間本当に佐々木さんにはお世話になりました。

ありがとうござました

また伺います!

 

HARU

HARUです

はじめまして。HARUです。

先日ちりめん街道へ私も一緒に行ってきました。
写真でいろんなところの良さを伝えられたらと思っています。

到着してまず目に入ったのが、加悦公民館のトイレの表示です。

Processed with VSCO with g3 preset

かわいい!まさにズキュン!です。

まずはご案内していただいたコウジュササキ株式会社さん。

オーダーメイドでシルクニット服を生産されています。

Processed with VSCO with g3 preset

工房では今まで見たことのない昔からの機械や、道具がたくさんありました。

Processed with VSCO with g3 preset
Processed with VSCO with g3 preset
Processed with VSCO with g3 preset
Processed with VSCO with g3 preset

シルクはこれがないと作れない。

蚕の繭。

余談ですが蚕は、野生回帰能力を完全に失った唯一の家畜化動物なんですね。

人の手なしでは生息できず、野生化しない。

Processed with VSCO with g3 preset

案内していただいた佐々木さんもシルクニットを着られていましたが、見ているだけで肌触りが良いだろうなと感じる光沢感でした。

たくさんのお話を聞いた上にちりめん街道も案内していただきました。

ちりめん街道は、明治・大正・昭和と、それぞれの時代に建築された重要な建造物がコンパクトに集約された町。

そして、多くの貴重な建造物が、今でも一般住宅として利用されている珍しい地域です。

平成17年に、重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。

まさに「屋根のない建築博物館」。

ホームページはこちら➡️ちりめん街道

Processed with VSCO with g3 preset
Processed with VSCO with g3 preset

どこを見ても『まさに日本!』という感じです。

日本に住みながら、日本にきたようです。

住宅なのか、施設なのか、どっちなのか?

表札を見てびっくりする。の繰り返しでした。

街並みも統一感があって、地域の多くの方の努力によってこの魅力が引き継がれ、また再発見にたどり着いているんだと感じました。

Processed with VSCO with g3 preset

その他工房に見学したのでブログに残していきます。

 

HARU

ちりめん街道 旧尾藤家住宅見学と伊根町 船屋の里

ちりめん街道、続いて訪れたのは京都府有形文化財に指定されている旧尾藤家住宅を見学・撮影させていただきました。

受付の方にも少しお話ししていただき

2017年3月29日 【京都府指定有形文化財 旧尾藤家住宅 案内所にて】 与謝郡与謝野町加悦1085

建物の中は、、、タイムスリップしたような感覚に、、、

2017年3月29日 【京都府指定有形文化財 旧尾藤家住宅】 与謝郡与謝野町加悦1085

2017年3月29日 【京都府指定有形文化財 旧尾藤家住宅】 与謝郡与謝野町加悦1085

2017年3月29日 【京都府指定有形文化財 旧尾藤家住宅】 与謝郡与謝野町加悦1085 2017年3月29日 【京都府指定有形文化財 旧尾藤家住宅】 与謝郡与謝野町加悦1085

長い廊下に中庭があり、どの部屋も時代を感じる所ばかり。

私が生まれる遥か昔なのに、なんだかすごく落ち着くような、、、不思議な癒しの空間でした。

その後、伊根町の船屋の里へ!

やっぱり海の物が絶品ですね ♪ 私が選んだのは煮魚定食!

もちろん完食!美味しくいただきました。

 

 

海の近くまで行きドローンを飛ばして空からの風景も撮影。

photoの「フクロウの目」にアップしていますので、ぜひご覧ください ♪

 

今回の旅(取材)は、私にとって発見の連続でした。

地元の方とのコミュニケーションは大切ですね。

こんなに近くなのに知らないことばかりで、勉強になりました。

そして、やっぱり足を運んで体験することで本当の良さに気づけるのだと思えました。

 

 

 

 

ちりめん街道 工場見学

こんにちは、akiです!

昨日は、海の京都エリアの取材に行ってきました。

まずは与謝野町加悦へ。

情緒あふれる ちりめん街道は、長い歴史を感じさせる建物ばかり。歩いているとガタンガタンと機織りの音が響いてきます。

古くから伝わる「丹後ちりめん」。京丹後市や宮津市と共に与謝野町も高級絹織物の生産で有名ですね。

この日、案内していただいたのはコウジュササキ株式会社 佐々木さん。

蚕から糸にする機械やその出来上がった絹糸など、大きな機械とカラフルな糸が並べられた工場内を撮影させていただきました。

 

その後も、佐々木さんの案内で「はたむすび」さんの作業場の撮影をさせていただきました。

 

機織りをされている姿は、見入ってしまう程リズミカルで、また、繊細な作業をされていました。

こうして、また、次世代へと受け継がれて行くのですね。

 

この後も、まだまだ取材は続きます。。。お楽しみに!

小天橋

3月18日 京丹後市の小天橋に行ってきました!