最新記事

御寶探訪取材 浦嶋神社へ行ってきました!

こんにちは、akiです。

先日、浦嶋伝説が残る浦嶋神社へ取材に行ってきました。

皆さんご存知の、あの浦嶋太郎の昔話です。
「昔~昔~浦嶋は~助けた亀に連れられて~…♪」という歌にもある、この昔話、実は少し違っていたのです。
神社の隣には、資料室があり、その中には昔話に出てくる玉手箱などが保管されており、宮司さんから解説もしていただけます。
実際のお話とどうちがうのか?など、時代背景や歴史と共に分かりやすくお話していただけますよ。

そして、気になる玉手箱の中身は・・・

残念ながらお見せできません!!

(中身は言えませんが、、、空ではなく、ちゃんと入ってました)

資料室に入った人しか見られませんので
気になる方はぜひ!!

また、この取材させて頂いた内容は、月刊えふの御寶探訪で随時掲載していきますので楽しみに!

御寳探訪取材 山王宮日吉神社へ

先日、宮津市の山王宮日吉神社へ取材に行ってきました。

毎年、月刊えふで恒例となっている「初詣特集」にも掲載させていただいている神社で宮司様にはいつもお世話になっており、この日もたくさんお話ししていただけました。

自然も多く紅葉樹や天然記念物になっている桜などもあり、四季折々の風景を楽しめます。

また、社殿は文化財に指定されていたりと見所もいっぱいです!

この詳しい内容は月刊えふ9月号 御寳探訪にて掲載させていただきますので、お楽しみに!!

さかな釣りに行って来ました‼

『伊根町』

5月28日(日)家族でさかな釣りに出かけました。

5歳になる息子は今回で2度目のさかな釣り。

前回『えふ5月号配分日記』の中でご紹介した、『舟屋日和』付近に、絶好の釣りスポットを発見です。

左奥に見える建物が『舟屋日和』です。

すぐそばに波戸からのサビキ釣りが楽しめるスペースがありました。

駐車場に停めて、車のすぐそばで釣れるので、荷物の準備も楽でキレイな手洗い場やトイレ、自動販売機もあり、かなり快適でしたよ。

アミエビを海にまくと、こんなに魚が集まって来ました‼

入れ食いとまではいきませんでしたが、意外にも色んな種類の魚が釣れましたよ。

 グレ・オコゼ・ベラ

3時間釣りを楽しんで、駐車場代は30分50円☺

釣りにハマってしまった息子は、帰るのをなごり惜しんでました。

また行きます‼

みなさんも是非‼

 

ひきつづき 御寶探訪取材 天橋立神社へ

お腹もいっぱいになったところで午後は、天橋立に向いました。

今回、天橋立神社の案内をしていただいたのは文珠荘の幾世さん。

「歩くのは大変と思われる方には、レンタサイクルもありますよ」と教えて下さいました。

歩いていると何台もすれ違いましたので、観光客の方は結構利用されているようです。片道を自転車🚴で、もう片道はフェリーを利用し、自転車も一緒に乗せて観光🚢なんて事もできるそうですよ!船に乗って海から天橋立を見るのも素敵ですね♪

最近は恋愛成就のパワースポットとして天橋立神社・籠神社・奥宮 眞名井神社の三社巡りをされる方も多いと伺いました。

天橋立神社の詳しい内容は月刊えふの紙面にてお伝えしますのでお楽しみに!!

(天橋立神社は7月号御寶探訪にて掲載します)

今回の旅(取材)も地元の方と接することで、初めて知ることがたくさんありました。近いのに意外に知らない事が多いのにもびっくり!

そして、また来たいと思える旅でもありました。

 

 

御寶探訪取材 宮津市籠神社と奥宮 眞名井神社へ

こんにちは、akiです。
先日、宮津市の籠神社と奥宮 眞名井神社、そして天橋立神社へ取材に行ってきました。
籠神社まで案内をしていただいたのが、つるや食堂の森さん。

森さんに禰宜 海部さまと権禰宜 梅本さまをご紹介していただき、由緒や歴史のお話・境内の案内などをしていただきました。


普段入れない場所へも通していただき、貴重な体験となりました。

笑顔の素敵な巫女さんにも撮影のお願いをして・・・詳しくは7月号をお楽しみに♪

(籠神社は8月号の御寶探訪にてご紹介させていただきます)

 

続いては、眞名神社へ・・・


こちらは現在改装工事中で本殿は、すっぽり幕で覆われていて見ることはできませんが、参拝は可能です。
この日も真名井の水を汲みに来られている方に出会いました。

眞名井神社での参拝と取材を終え再び、つるや食堂さんへ

natsuさんは、森さんおすすめメニュー、籠神社に奉納されている古代米の「神丹穂」赤米を使用した「赤米うどん」を

2017年5月19日 【つるや食堂 赤米うどん】 宮津市中野848
haruさんは、海の幸いっぱいの「お宝丼」を

2017年5月19日 【つるや食堂 お宝丼】 宮津市中野848 

最初は、わさび醤油で素材そのままにいただき、一通り食べたら中央の黄身を崩して一緒に食べるそうです。

横で見ていて、贅沢な卵かけご飯を食べているようでした😋
私は、「朝紫」紫米を使用した「紫米そうめん」をいただきました。

2017年5月19日 【つるや食堂 紫米そうめん】 宮津市中野848
見た目は、お蕎麦のようですが、つるっとしていて名前の通り少し紫色。
この日は気温も高く夏日だった事もあり💦冷やりとのど越しの良い紫米そうめんは、すごく美味しかったです!行かれる際はぜひ!

森さんが、子供の頃の遊び場は眞名井神社だったそうで、友達とよく鬼ごっこをしていたそうです。
しかし「鬼ごっこはしてもいいけど、“ かくれんぼ ” はしてはいけない」
と言われ育ったそうです。

本当に隠されてしまう・・・
神隠しのような・・・ことでしょうか?

地元の子供たちの遊び場となっている眞名井神社ですが、ずっと言い伝えられている事を幼いながらにも守っていたそうです。

実際、眞名井神社を訪れてみると凛とした空気が漂い、境内は神秘的な雰囲気がありました。


籠神社を訪れる際は、ぜひ眞名井神社へも足を運んでみて下さいね。

(奥宮 眞名井神社は7月号の御寶探訪にてご紹介させていただきます)

この後、天橋立へ・・・     つづく

ひきつづき旧尾藤家住宅へ / HARU

次に案内していただいたのは、旧尾藤家住宅

入場料は一般…200円 小・中学生…100円

それぞれ団体金額や、施設利用料金もありますので詳しくはホームページまで。

旧尾藤家住宅

Processed with VSCO with g3 preset

内蔵の内部を一部改装して、尾藤家の歴史、ちりめん街道の歴史などを紹介するビデオが上映されています。

Processed with VSCO with g3 preset

洋館・和室・奥座敷・台所・書斎・ちりめん格子・ガラス製の丸い街灯など、独特の雰囲気を醸し出しています。

その他工房にも案内していただき、はたむすびさんへ

Processed with VSCO with g3 preset
Processed with VSCO with g3 preset
Processed with VSCO with g3 preset

なんともいえないこの光沢。

是非生で体感してください。

最後に与謝野観光協会へ。

佐々木さんは自転車で。

Processed with VSCO with g3 preset

観光案内所では、大正15年から昭和60年まで約60年間にわたって丹後与謝を走りつづけた加悦鉄道の資料をはじめ、織物などワークショップも開催されています。

この日は、団体で参加されるとの事で、織り機がずらり〜

Processed with VSCO with g3 preset
Processed with VSCO with g3 preset

与謝野のゆるキャラ、まめっこまいちゃんも見守ります(笑

Processed with VSCO with g3 preset

コースターが作れるそうですよ!

こちらでは体験は予約不要で、突然ふらりと入っても対応していただけます!

これは素晴らしい!

Processed with VSCO with g3 preset

最近では『君の名は。』のおかげで、ミサンガの体験が急上昇で大人気だそうです。

Processed with VSCO with g3 preset

今回の取材旅で載せきれない程の沢山写真を撮ったので

そちらはphotoやInstagramにUPしますね!

デジカメ以外にもフィルムカメラでも撮影したので、現像でき次第UPしていきます。

Processed with VSCO with g3 preset

今回は長時間本当に佐々木さんにはお世話になりました。

ありがとうござました

また伺います!

 

HARU

HARUです

はじめまして。HARUです。

先日ちりめん街道へ私も一緒に行ってきました。
写真でいろんなところの良さを伝えられたらと思っています。

到着してまず目に入ったのが、加悦公民館のトイレの表示です。

Processed with VSCO with g3 preset

かわいい!まさにズキュン!です。

まずはご案内していただいたコウジュササキ株式会社さん。

オーダーメイドでシルクニット服を生産されています。

Processed with VSCO with g3 preset

工房では今まで見たことのない昔からの機械や、道具がたくさんありました。

Processed with VSCO with g3 preset
Processed with VSCO with g3 preset
Processed with VSCO with g3 preset
Processed with VSCO with g3 preset

シルクはこれがないと作れない。

蚕の繭。

余談ですが蚕は、野生回帰能力を完全に失った唯一の家畜化動物なんですね。

人の手なしでは生息できず、野生化しない。

Processed with VSCO with g3 preset

案内していただいた佐々木さんもシルクニットを着られていましたが、見ているだけで肌触りが良いだろうなと感じる光沢感でした。

たくさんのお話を聞いた上にちりめん街道も案内していただきました。

ちりめん街道は、明治・大正・昭和と、それぞれの時代に建築された重要な建造物がコンパクトに集約された町。

そして、多くの貴重な建造物が、今でも一般住宅として利用されている珍しい地域です。

平成17年に、重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。

まさに「屋根のない建築博物館」。

ホームページはこちら➡️ちりめん街道

Processed with VSCO with g3 preset
Processed with VSCO with g3 preset

どこを見ても『まさに日本!』という感じです。

日本に住みながら、日本にきたようです。

住宅なのか、施設なのか、どっちなのか?

表札を見てびっくりする。の繰り返しでした。

街並みも統一感があって、地域の多くの方の努力によってこの魅力が引き継がれ、また再発見にたどり着いているんだと感じました。

Processed with VSCO with g3 preset

その他工房に見学したのでブログに残していきます。

 

HARU